2019年08月20日

【金沢】第37回読売レディス杯

 エリザベス女王杯へのステップレース、読売レディス杯(重賞、金沢・ダ1500m右、3歳上、別定、地方全国交流)

 GDJ2019古馬シーズンのレースで、ここで勝つと府中牝馬Sへの出走権が与えられます。地方全国交流競走だけあって、本当に全国からいろいろな馬が集まってきていますね。
 交流競走の難しいところは、馬同士の実力差がよくわからないところ。実際、このレースも人気上位馬が順当に勝つレースではないようです。

 ジェッシージェニー
 大井からの遠征馬。JRAでは新馬戦を勝つ上々の滑り出しでしたが、その後低迷。大井へ移籍直後は荒れた成績だったが、近4走では2勝3着2回と堅実な走り。地方移籍後初重賞挑戦だが、メンバー的にはここでも十分やれる。

 エイシンエール
 前走・兵庫サマークイーン賞は、最後尾から一気に追い上げる競馬でクビ差。着差以上に意味ある勝利。古馬になってからなかなか勝ちきれないレースが続いていたが、2連勝で重賞制覇と調子は上向き。ここも十分届くところ。

 エイシンテースティ
 JRAでは未勝利だったが、園田へ移籍後は8勝2着2回3着1回。今回は相手が強くなってどうかというところだが、ここまでの安定した走りからは期待してしまう。勢いで勝ってしまう可能性も。

 以上、3頭で勝負。
posted by みやっち at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 金沢競馬

2019年08月18日

【水沢】第39回ダイヤモンドC

 岩手三冠二冠目、ダイヤモンドカップ(M1、水沢・ダ1600m右、3歳、定量)

 昨年までは岩手ダービーとして開催されていたレース。今年から東北優駿が復活することで、ダービーの名前が消えました。
 しかし、三冠レースの重要なレース。3歳マイル戦を制するのはどの馬か。移籍組の動向は気になるものの、順当に行けば、もはやこの馬しかないだろうというところ。

 パンプキンズ
 前走・東北優駿で勝利した、東北3歳馬チャンピオン。宿敵グレートアラカーはおらず、メンバー的にこの馬を越えてくる馬はいないか。水沢1600mは、寒菊賞、スプリングCで勝利しており、もはや敵がいない状況。

 以上、1頭で勝負。
posted by みやっち at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手競馬

【小倉】第54回北九州記念

 サマースプリントシリーズ第4戦、北九州記念(GIII、小倉・芝1200m右、3歳上、ハンデ)

 夏のスプリント戦らしく、条件戦から上がってきた勢いのある馬が多数出走していますね。
 連勝街道まっしぐらの馬も多く、過去の実績がある馬との評価が難しいところ。しかし、やはり勢いは強いですよね。

 ディアンドル
 前走・葵Sを5連勝で重賞初出走、初勝利。6戦5勝とその勢いは止まらない。着差はあまりないとはいえ、強い勝ち方。小倉は初勝利のコース。ここで重賞連勝で秋に弾みをつけたいところ。

 モズスーパーフレア
 前走・高松宮記念はスタートで失敗して惨敗を喫したが、前々走・オーシャンSはレースレコードでの快勝。そのスピードはハイレベル。5か月の休養を挟んだ今回は、鉄砲がきく上、立て直しが期待できる。

 ミラアイトーン
 1200mに路線変更してから4連勝。ストロングタイタンの半弟で、スピードには定評のある血統。小倉は3戦3勝の勝率100%という得意なコースでもあり、ここは重賞初制覇と行きたい。

 以上、3頭で勝負。
posted by みやっち at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | JRA

【札幌】第55回札幌記念

 秋に向けてのGIIレース、札幌記念(GII、札幌・芝2000m右、3歳上、定量)

 いよいよ本格的にGI戦線の主役たちが休み明けで走り始めます。GIIとはいえ、GI馬が集まるハイレベルなレース。
 今回も、GI馬やGIで上位争いをしている馬がズラリと揃ってますね。洋芝初の馬も多く、予想はかなり難しくなってきます。

 ワグネリアン
 言わずと知れた、昨年のダービー馬。春は大阪杯のみの出走だが、遅めの展開でも0.1秒差の3着とトップクラスの能力を発揮した。休み明けだが鉄砲がきく馬で全く問題はない。ダービー当時から+18kgとまだまだ成長中。ここを勝って秋に向かいたい。

 フィエールマン
 天皇賞(春)を勝った、長距離戦線チャンピオン。距離が一気に短縮されるが、中距離でもAJCC2着など成績は残しており心配ない。秋はこの後フランスへ渡り凱旋門賞にチャレンジの予定。ここでは負けられないところ。

 ブラストワンピース
 昨年の有馬記念を鮮やかに勝利したが、休み明けの今年は成績がいまいち。とはいえ、大阪杯は展開が向かず、目黒記念はトップハンデの影響と、理由は明らか。地力は高いことは間違いなく、ここで勝ってまだまだやれることを証明したいところ。

 以上、3頭で勝負。札幌巧者のサングレーサーが気になるところだけれど、どうしたものかなあ。
posted by みやっち at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | JRA

2019年08月16日

【園田】第51回摂津盃

 お盆のハンデ戦、摂津盃(重賞I、園田・ダ1700m右、3歳上、ハンデ)

 夏のレースの中でも大きな一戦で、出走馬もそれなりに豪華なメンバーが揃ったところ。
 台風一過で暑く、道悪が確実なところで、それがどう影響するかわからないところで、どうするか迷うところですね。

 メイショウオオゼキ
 JRAから移籍してきてここまで好走続きの有力馬。成績は徐々に尻下がりな感はあるが、六甲盃、オグリキャップ記念と0.0秒差の2着と十分重賞で勝つ力はある。ここで初重賞タイトルも難しくない。

 ヒダルマ
 JRAから移籍後、破竹の11連勝。今回は初重賞で相手が強くなるところではあるが、これまでのレースは圧勝続きで多少相手が変わったところで十分勝ち負け。重賞初出走、初制覇もおかしくない。

 キクノステラ
 今年は東海桜花賞を勝利した以外、惜しい競馬が続いているが、どのような条件下でも大きく掲示板を外さないところがこの馬の強み。道悪でこの馬には不利な状況ではあるが、ダートグレード競走でも上位に食い込む能力を買いたい。

 以上、3頭で勝負。
 
続きを読む
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫競馬

2019年08月15日

【北海道】第6回フルールC

 2歳牝馬の電撃戦、フルールカップ(H3、門別・ダ1000m右外、牝2歳、定量)

 2歳で、牝馬限定で、1000m。本当に予想が難しいレース。どの馬が勝っても全くおかしくない。
 ほとんどが1勝馬で差がないところ。なんとか理由をひねり出して、ようやく3頭をチョイス。

 コーラルツッキー
 出走馬中唯一の2勝馬。既にオープン特別で勝利しており、2歳重賞の栄冠賞でも3着と間違いなく能力上位。今回の中心はこの馬。重賞初制覇の期待がかかる。

 マナモクプニ
 1勝馬ではあるが、ここまで4戦ですべて連対という好成績。1000mの持ち時計も1:00.4とメンバー中最速。前走ではコーラルツッキーに敗れているが、逆転の可能性は十分。

 テーオーブルベリー
 前走のJRA認定戦は一線級の牡馬に敗れたが、新馬戦は2.0秒差の大差での勝利。重賞を勝つ力があることは証明済みで、ここでも十分勝利の可能性は高い。

 以上、3頭で勝負。
posted by みやっち at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道競馬

【北海道】第31回ブリーダーズGC

 北のダート女王決定戦、ブリーダーズゴールドカップ(JpnIII、門別・ダ2000m右外、牝3歳上、別定)

 秋のダートグレード競走のローテーションの一角なので、出走馬も重賞ウィナーが多いですね。レベルが高そうです。
 地方馬もいい馬が何頭かいますが、JRA勢と比べると見劣りするかなあ。今回もJRA勢が優勢かな。

 プリンシアコメータ
 年明けはまだ2走と大事に使われているところだが、どちらも好走。昨年は2着に入ったレースで、コースのとの相性も悪くない。ここで勝って、JBCへ弾みをつけたい。

 ラインカリーナ
 前走・関東オークスを勝った3歳ダート女王。ここまでまだ3勝ではあるが、これまで戦ってきた相手はGIレベルの一線級。古馬とは初対戦でどこまで戦えるかだが期待したいところ。

 ビスカリア
 前走・福島牝馬Sは芝のレースなので度外視するとして、TCK女王盃は5馬身差の圧勝、エンプレス杯でも3着と好走。展開次第なところがある馬ではあるが、地力はある。

 以上、3頭で勝負。
posted by みやっち at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道競馬

【笠松】第48回くろゆり賞

 笠松の地方全国交流競走、くろゆり賞(SPI、笠松・ダ1600m右、3歳上、別定)

 地方全国交流競走ということで、各地から馬が集まってきていますね。
 しかし、なんといっても、東海地区の主役が久々の出走ですね。もう、この馬が主役なのは間違いない。

 カツゲキキトキト
 東海の雄。3か月ぶりのレースとなるが、地方馬相手であればほぼ心配ない。南関からの刺客も想定内。近走、ギリギリの勝利が続いてはいるが、言うことなしに、この馬で決まり。

 ストーミーワンダー
 今年既に重賞4勝の笠松代表。2戦連続出走取消となるなどリズムには乗れていないところで、調子も万全ではないところだが、それでも近走の結果は十分。ここは勝ちに行く。

 ハヤブサマカオー
 大井からの遠征馬。JRAから大井へ移籍して2戦未勝利ではあるが、内容は悪くない。2歳時は兵庫ジュニアグランプリを勝利しており、能力は高いはず。ここでも不気味。

 以上、3頭で勝負。
posted by みやっち at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 笠松競馬

2019年08月14日

【大井】第53回黒潮盃

 夏の3歳戦、黒潮盃(SII、大井・ダ1800m右外、3歳、別定、全国交流)

 南関三冠競争が終わり、秋に向けて、三冠で活躍できなかった馬、夏の上がり馬がぶつかるレース。
 南関の主役級は不在なところではありますが、重賞ウィナーたちは複数出走しており、それなりに面白そうな顔ぶれですね。

 グリードパルフェ
 前走・JDDでは南関三強の次点。東京ダービーでも唯一三強に食らいついた馬で、3頭が不在の今回はこの馬が主役。重賞未勝利で、今回は重賞初制覇のチャンス。山田信大調教師の重賞初制覇もかかる。

 ホワイトヘッド
 なかなか成績が安定しない馬だが、門別時代には北海道2歳優駿で4着、南関でも京浜盃で3着に入っている馬。リンノレジェンドにも先着した経験があり、ここは能力上位。後はどこまで成長が見られるか。

 リンノレジェンド
 北海道からの遠征馬。重賞未勝利ながら、北海道三冠ではすべて掲示板に載り、北海道3歳馬の中では三本の指に入る馬。冬の間は大井所属で、遠征とはいえ馴れたコース。三冠馬に負けた鬱憤を晴らせるか。

 以上、3頭で勝負。
posted by みやっち at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 大井競馬

【佐賀】第19回サマーチャンピオン

 佐賀の交流競走、サマーチャンピオン(JpnIII、佐賀・ダ1400m右、3歳上、ハンデ、地方交流競走)

 交流重賞ではありますが、JRA勢は重賞常連という訳ではない、ちょっと物足りないメンバー。しかし、地方馬はそれ以上に突出した馬がおらず、やはりJRA優勢なのかなというところ。
 例年、やや人気どおりにいっていない結果ではありますが、大きな波乱もないレース。毎回、オープン特別レベルの馬が好走するレースですが、特に手薄な今回、どうなるか。

 ヒザクリゲ
 前走・やまびこSを勝利し、3連勝と勢いに乗るところ。1400mは未知の距離になるが、なんとかなるか。戦法に柔軟性があり、内枠であることを考えれば、重賞初挑戦、初制覇の可能性は十二分にある。

 スマートレイチェル
 前走・シドニーTを勝利しての昇格初戦ではあるが、1400mは得意な距離。展開次第なところはあるが、相手が手薄の今回は、メンバー中能力上位。昇格初戦での重賞初制覇もあり得る。

 グランドボヌール
 前走・中京記念では掲示板に載る競馬。ダートは惨敗した未勝利戦以来となるが、血統的には短距離のダートは無理ではないはず。メンバー的には能力上位、ダート転向が外れなければ上位争い。

 以上、3頭で勝負。
posted by みやっち at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀競馬